【APIレビュー】eMAXIS Web API

総合評価コメント

eMAXISインデックスファンドシリーズの各種データを表示するためのAPI。
ファンドコードや基準日等を指定し、各種データを取得することができる。
APIで取得できる情報は充実しているものの、現状JSON形式にしか対応していない。
利用するにはアカウント登録は不要だが、APIのテストページなどは用意されていないため、実際に使用するには自分で環境を用意する必要がある。
全体的にドキュメントは簡潔で分かりやすく、取得できるデータも充実していて使いやすいAPIとなっているが、APIの種類が多いため若干見難いように感じる。
API自体は有用でサポート体制に若干の改善の余地があったが特に問題を感じなかったため、総合評価は8点とした。

評価項目

評価項目
ドキュメント APIに指定するパラメータやレスポンスの内容が簡潔に記載されている。
パラメータ設定後の凡例はあるが、Host部分が共通仕様でRequest部分と分けられて表示されているため当てはめて使用する必要がある。
ファンドコードも表記されているため手間がかからない。
APIの種類が多いため若干見難いように感じる。
使いやすさ 対象データの種類と範囲に応じ、11種類のAPIに分けられ提供されている為、限定的な選択が可能である。
パラメータはAPI毎に異なるが基本的に固定値に加えて1つ指定すれば良いため扱いやすい。
データの中身 レスポンスはXMLのみ。データの中身は法令に関するデータであり、充実している。 情報についてはレスポンスに含まれる分で十分である。ただし、データ形式がJOSNのみ対応しているため、その点だけ残念である。
価格 無料
サポート体制 お問い合わせフォームへのリンクが用意されていて、急ぎの場合はフリーダイアルでの電話対応も行なっている。
APIに関して質問する機会が多少ありそうに感じたのでよくある質問を設けると尚良い。
API自体シンプルなため困ることは無いと思われる。
開始しやすさ 利用にあたりアカウント登録が不要で、特に難しい項目や手順、審査などはないため、すぐに利用できる。
ただしe-Gov側でAPIのテストページなどは用意されていないため、自前でテスト環境を用意する必要がある。

API概要

評価項目
API名 eMAXIS Web API
APlbank ASID 未登録
テスト可否 未登録
カテゴリ 金融
概要 eMAXIS Web API では自分のサイトにeMAXISインデックスファンドシリーズの各種データを表示することができます。
公式URL https://www.am.mufg.jp
APIフォーマット REST。URLパラメーターを指定するタイプ。
レスポンス形式 JSON
SDK/ライブラリ 用意なし(そもそも不要)
テスト環境 なし
APIbankのレスポンスタイム 未登録
この記事を書いた人: APIbank編集部

API関連最新ニュースやAPIbankからのお知らせを発信しています。
Twitterアカウント https://twitter.com/APIbank_jp
Facebookページ https://www.facebook.com/APIbank.jp/

リスト