Amazon、Music Skill APIを公開  開発者はAlexaを利用した音楽サービスを展開可能に

Amazonは2018年10月31日、Music Skill APIの一般的なリリースを発表しました。

Music Skill APIとは、開発者がAmazon Alexa(以下、Alexa)のデバイスやAmazon Ecoスピーカーに音楽をストリーミングできるAPIです。

現在、音声認識技術に対して多くの開発投資がなされています。
Microsoftは「Cortana」、Appleは「Siri」、Googleは「Google Assistant」を開発していますが、中でもAmazonのAlexaは特に注目されていました。
Alexaは、他の企業に音声認識技術が積極的に開放されている点、Amazonの他のEC関連のサービスと連携できるという点で他のサービスと異なっています。

Music Skill APIが公開されたことにより、開発者はAlexaを利用したサービスをさらに設計しやすくなりました。
開発者は、Amazonに定期的に音楽データを提供するだけでよく、独自のUIを構築する必要はありません。
開発者は、視聴者アカウントのリンク、音楽の再生数などの情報を取得できます。
提供した曲の再生数などの指標を使用したパフォーマンス追跡が可能になるため、どんな曲が人気なのかをより高い精度で計測することができるようになりました。

今後、音声認識技術の利便性が向上すれば、Alexaのユーザーは増え、利用時間も長くなることが考えられます。
Alexaは、iTunes、YouTubeに代わる新たな音楽プラットフォームになるかもしれません。

Alexa Slills Kit – amazon alexa

Amazon makes Music Skill API publicly available – venturebeat.com

Amazon Alexaとは何か?アマゾンの音声認識技術の使い方を基礎から解説する – ビジネスIT

この記事を書いた人: APIbank編集部

API関連最新ニュースやAPIbankからのお知らせを発信しています。
Twitterアカウント https://twitter.com/APIbank_jp
Facebookページ https://www.facebook.com/APIbank.jp/

リスト