世界のAPI管理市場、2022年までに3,000億円を超える見込み – Zion Market Research

米国有数の市場調査企業であるZion Market Research(以下Zion)は、2018年9月11日、世界のAPI管理市場に関するレポートを発表しました。

調査したAPI管理市場の企業群

今回、Zionが調査した企業は

  • CA Technologies
  • Microsoft Corporation
  • Apiary
  • Google
  • Red Hat
  • Axway
  • Fiorano Software
  • HP
  • Sensedia
  • SAP SE
  • TYK Technologies
  • Tibco Software
  • IBM Corporation
  • Cloud Elements
などです。

API管理市場の成長予測

今回の調査によると、世界のAPI管理市場は2016年には約6億9,322万米ドルに達し、2022年末までには3,436,16万米ドルを超える見込みです。

Zionのアナリストによると、世界のAPI管理市場が急成長する主な要因は、

  • ビッグデータ活用の促進
  • IoT技術の進展
  • APIトラフィックの管理案件の増加
  • API導入による費用対効果が向上
などがあげられるといいます。

特に成長が期待されるAPI管理市場の業界セクション

API管理市場の主要な業界セクションは

  • BFSI(銀行、金融サービス、保険)
  • ヘルスケア
  • 政府関係
  • 製造
  • 小売と消費財
  • その他の分野
に分類されます。

Zionによると、特にBFSIは今後数年間で目覚しい発展を遂げる可能性があるといいます。

地域別のAPI管理市場の動向予測

北米
今後数年間、API管理市場において最大の市場シェアを維持する見込み
ヨーロッパ
新技術の高い受け入れ率が、API管理市場の発展を後押しする見込み
アジア太平洋地域
モバイルユーザー数の増加がAPI管理市場の成長を大きく後押しする見込み

世界でAPI管理に関するニーズが大きく高まることが予測されます。
APIについての理解を深め、活用していく戦略を考えることがより重要になってくると言えるのではないでしょうか。

API Management Market Augmenting Rapidly To Reach USD 3,436.16 Million by 2022 – Zion Market Research

この記事を書いた人: APIbank編集部

API関連最新ニュースやAPIbankからのお知らせを発信しています。
Twitterアカウント https://twitter.com/APIbank_jp
Facebookページ https://www.facebook.com/APIbank.jp/

リスト