ホテル周辺の情報サイトを運営するArrivedoがホテルグループ向けのAPIを発表

Arrivedoはホテルグループ向けのAPIを発表しました。

Arrivedo APIによりホテルのWebサイト内で、Arrivedoで提供しているホテルゲストのためのストーリーや動画コンテンツなどをホテルが利用できるようになります。

Arrivedoとは

Arrivedoはホテルとホテル周辺の情報をまとめたオンラインプラットフォームです。
ホテルの宿泊客が地元のユニークな体験を楽しめるように、地元の人、ライター、訪問者などが書いたおすすめ情報が掲載されています。
日本を含む250都市の1,000軒以上のホテルがArrivedoのサービスを利用しています。

Arrivedoのサービス

ホテルがArrivedoのサービスを導入すると以下のようなサポートを受けることができます。

ホテル近隣のガイド作成
ホテル周辺に住むガイドが、ホテル周辺の8~12のパーソナライズされたルートとおすすめ情報を作成します。
ホテルに関するコンテンツ作成
Arrivedoが抱えるライターが地元スタッフにインタビューし、それに関するコンテンツを作成します。
地図、パンフレットの電子化
オンライン上の地図、パンフレットページを作成します。

Arrivedo APIの機能

Arrivedo APIを利用することで、クライアントのホテルは以下の機能を利用できます。

  • ArrivedoのWebサイトもしくはアプリケーションの機能
  • 顧客がチェックインをする際ののEmail配信機能
  • ホテルの室内で利用できるタブレットの機能
  • Arrivedoのモバイルアプリの機能
  • ホテルスタッフのためのトレーニング教材

Arrivedo APIの導入費用は、Premiumプランで毎月40USD、White Labelプランで毎月100USDとなっているようです。
ホテル業界の方は、Arrivedo APIを導入した際のROIを考えて導入するかどうか決めるのが良いかと思います。

Arrivedo launches API – HOTEL MANAGEMENT

arrivedo

arrivedo API

この記事を書いた人: APIbank編集部

API関連最新ニュースやAPIbankからのお知らせを発信しています。
Twitterアカウント https://twitter.com/APIbank_jp
Facebookページ https://www.facebook.com/APIbank.jp/

リスト